スポンサーリンク

イヌヤのネズミガード

子(ネズミ)の干支物語|ねずみ年の性格・運勢は?

投稿日:

ねずみ

子(ネズミ)の干支物語|ねずみ年の性格・運勢は?

こんにちは。
ネズミ大嫌い、めんぼうです。

 

あなたは、何年ですか?
もちろん、干支(えと)のことです。

 

干支とは、もちろん子(ネズミ)から始まる12の動物ですよね。
全部言えますか?

 

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥ですね。
ちなみに、僕は卯のうさぎです。

 

干支は、占いにも使われます。
今日は、そんな干支のねずみについて見ていきます。

 

なぜネズミかというと、最近ネズミガードという商品をご紹介しています。
ネズミガードについてはこちら。
>>ねずみ駆除超音波【ネズミガード】

 

で、ネズミ関係の記事を書こうと思い、干支のねずみについて書いてみることにしました。
僕の近くには、ネズミの人いません。

 

ねずみ年には、どういう意味があるのか?また、いわれや性格、運勢などを調べてみました。
ねずみ年に関係ある方、必見です。

子(ネズミ)の干支物語

干支物語って知っていますか?
どうやって干支が決まったか、物語化したものです。

 

その中で、動物の王国が出てきます。
その中の最高神玉皇大帝(ぎょくこうたいてい)が動物たちに大招集をかけます。

 

競争に勝ったら12支に選ばれるというのです。
でも、問題があります。

 

玉皇大帝(ぎょくこうたいてい)の住んでいるところは、大きな川があります。
ねことネズミは、泳げないことで有名です。

 

そこで、ねことネズミは牛の背中に乗せてもらうことにしました。
牛の背中に乗せてもらって川を渡っている途中、ねこが異常に水を怖がっていました。

 

それをみたネズミは、ねこを突き落とすのです。
そのため、ねこは12支に入れませんでした。

 

そして、まんまとねこを突き落としたネズミは、対岸に着くと牛の背中からダッシュして、1番で玉皇大帝(ぎょくこうたいてい)のところに行きます。

 

こうして、ネズミは干支の1番目になったのです。
ずるいですよね~!

 

この干支物語、2番目以降の動物たちのことも載っています。
興味のある方は、調べてみてください。

ねずみ年の性格

干支は、性格占いにも使われます。
一般的に、ねずみ年の方は、どういうふうに言われているのでしょう?

 

これも気になったので調べてみました。
良い面と悪い面があります。

 

良い面は、柔和穏やかで我慢強い几帳面などがあげられます。
悪い面は、はっきりと物事が言えない溜め込んで爆発させる問題から逃げがちだそうです。

 

僕の周りに、ねずみ年の人いないので当たっているかどうか分かりませんね^^;

 

恋愛も助け合う関係づくりをするとうまくいくそうです。
相性が良いのは、(さる)年ですね。

 

仕事を成功させる秘訣は、誰にでも平等に接することです。
仕事で相性が良いのは、(うし)年です。"

ねずみ年の運勢

そんなねずみ年の2019年の運勢を見てみましょう。
2019年の前半は、昨年前のマイナスの要因が爆発しそうです。

 

2019年前半は、マイナス面が大きく出るでしょう。
ただ、心配はいりません。

 

2019年後半は、あなたの攻めの姿勢が功を奏します。
大きな勝負に出なくてはいけなくなるでしょう。

 

2019年8月以降、運勢は強くなります。
金運も前半と後半で大きく違います。

 

前半は、何をやってもうまくいかないでしょう。
ギャンブルなどに手を出して、散財してしまうかもしれません。

 

仕事運も、やはり前半は非常なストレスを感じるでしょう。
何をやってもうまくいかないでしょう。

 

でも、後半の8月頃から仕事もスムーズに行くようになります。
8月までは、辛抱です。

まとめ

干支物語でずるい勝ち方をしたネズミですが、人格診断には影響ないようです。

 

でも、実際のネズミは、本当ずる賢いですよね。
腹立つぐらいにずる賢いです。

 

基本、ネズミは嫌いです。
ねずみ年の人に怒られそうですが・・・^^;

 

僕は、うさぎ年で良かった。
うさぎは、条件なしに可愛いですもんね。

 

ちなみに、そんなネズミを超音波でやっつける機械もあります。
興味のある方は、見てみてください。
>>ねずみ駆除超音波【ネズミガード】

スポンサーリンク

メルマガ

分かりません

メルマガ始めました。

興味のある方は、こちら。
>>めんぼうのメルマガ

スポンサーリンク

-イヌヤのネズミガード

Copyright© バズなニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.