スポンサーリンク

個人事業主

【個人事業主】この税金を払っておけばオールOK!

更新日:

税務署こんにちは。
アフィエイターのめんぼうです。

 

僕は、アフィリエイターですが、まだ月に10万円も稼げていないので、個人事業主にはなっていません。
と言うか、25~36万円でしたっけ?納税が必要なのは。

 

今までやってきた塾代や勉強代、つまり経費を考えるとまだまだそれだけ稼げていませんので、申告はまだです。
来年ぐらいには、それなりになってくるので申告する予定です。

 

で、申告するようになったら、僕は思い切って個人事業主になろうと思っています。
まぁ、個人事業主って誰でもなれるんですけどね。

 

個人事業主になる方法は、この記事を読んでみて下さい。
>>個人事業主になる方法

 

なんで、個人事業主になった方が良いかと言うと、税金が安くなるんですね。
理由は、それだけです。

 

あと、社会的に個人事業主と言った方がかっこいいですしね。
それだけの理由です。

 

で、実際にどんな税金がかかるのか、気になったので今回調べてみました。
これから、個人事業主になろうと思っている方、必見です。

控除制度

まず、最初に個人事業主には税金の控除があります。
控除と言っても還付されるんじゃなくて、先に値引いくタイプです。

 

個人事業主の税の控除には以下のものがあります。

控除

  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 障害者控除
  • 寡婦控除、寡夫控除
  • 勤労学生控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 寄附金控除
  • 青色申告特別控除
  • 事業主控除

とまぁ、こんなにもあるんですね。
今回は、ひとつひとつ触れません。

 

あくまで、今回は何を納税すればいいか?にフォーカスします。

個人事業主が納めなくてはいけない2種類の税金

個人事業主が納めなくてはいけない税金は、大きく分けて2種類あります。

税金

国税
地方税

この2つです。
国税や地方税の意味は、ここで解説しなくても大丈夫ですよね?
もし、分からない方は検索して下さい。

 

ときどき、税金なんか知らん!という人がいますが、税金納めないと最悪、逮捕されたり罰金食らったり、ペナルティを受ける場合があります。
納税は、国民の義務ですので、ちゃんと払いましょう。

 

それに、個人事業主は信用があまりありません。
というのも、銀行などでお金をかりる場合、個人事業主はあまり歓迎されません。

 

なぜかというと、収入が不安定だからです。
その時に、伝家の宝刀となるのが納税書です。

 

納税書や所得証明書があれば、銀行も信用してくれます。
だから、ちゃんと払っていないと、いざという時困るのです。

もっと具体的な4種類

さて、個人事業主が支払わなくてはいけないのは「国税」と「地方税」でした。
では、その内訳はどうなっているのでしょう。

 

具体的に、個人事業主が支払わなくてはいけない税金は、

支払わなくてはいけない税金

  • 所得税
  • 消費税
  • 住民税
  • 個人事業主税

この4つです。

 

一つずつ、見ていきましょう。

所得税

1年間に稼いだ金額に応じて、課せられる税金です。
納税のほとんどがこの税金です。
1年分の利益を次の年の2月16日〜3月15日までに申告にします。

消費税

これは、売上が1000万円以上ある場合に適応されます。
開業してから2年間は払わなくてもいいです。
また、2年経っても1000万円の売上がない場合は、支払わなくてもいいです。

住民税

事務所を構えている都道府県、市町村に納める税金のことです。
道府県民税」と「市町村民税」の2種類があります。
毎年6月に納付書が送られてきます。
申告は不要です。
6月、8月、10月、1月の年4回払いか、または6月に1回払いにて納税できます。

個人事業税

これは、事業所得が290万円以下なら支払わなくてもいいです。
税率は3〜5%で、確定申告をしている場合は申告いりません。
納付は8月と11月の年2回で、都道府県に納めます。

納税にはクレジットカードがおすすめ!

検索していると、納税にはクレジットカードがおすすめとありました。
現金だと、税務署に行かなくちゃいけませんし、銀行口座だと対応する税目がなかったりで支払えない場合があります。

 

それに比べて、クレジットカードならどこからでも支払えますし、全額支払うこともできるそうです。
全額支払うって言っても、なんか書類とか書かなくちゃいけない気がしますが、クレジットカードがおすすめだそうです。

 

この辺の、実際にやったことある人しかわからない情報も今度調べておきますね。
そして、クレジットカードなら分割が効きます。

 

あと、三井住友カードなら個人事業主専用のカードがあります。
個人事業主の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

あと、税金が支払えない場合などの「猶予制度」があります。
ですが、これは災害だったり病気したり、そういう災難のときだけです。

 

基本、税金は納めなくてはいけません。
売上が290万円以下の場合は、所得税住民税だけです。

 

ハッキリ言って、サラリーマンと変わりませんね。
だから、そんなにビビる必要もありません。

 

税金納めなかったら、とんでもない利がつきまので重々お気をつけ下さい。"

スポンサーリンク

メルマガ

分かりません

メルマガ始めました。

興味のある方は、こちら。
>>めんぼうのメルマガ

スポンサーリンク

-個人事業主

Copyright© バズなニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.