個人事業主

【まじか!】弱小個人事業主は消費税払わなくてOKです!

投稿日:

消費税こんにちは。
個人事業主に憧れているアフィリエイター、めんぼうです。

 

個人事業主って憧れますよね?
まず、底辺無職から始まって、レベルが上ってジョブチェンジ→アフィリエイター。

 

そして、そこから更にレベルが上がれば、個人事業主です。
う~ん、まさにゲームみたいですね(笑)

 

もちろん、底辺無職→アフィリエイター→IT企業に就職。
底辺無職→アフィエイター→インフルエンサー。

 

底辺無職→アフィエイター→コンサルタントなどなど、底辺無職からアフィエイターに成り上がれば、あとは輝かしい職種が待っています。
だから、一番つらいのは底辺無職からアフィリエイターになるところですね。

 

正直、95%ぐらいの人が挫折します。
しかしですね、僕の世代だと一回就職からドロップ・アウトすると、完全にアウトでした。

 

そうそう簡単に、社会復帰なんてできなかったのですよ。
会社に勤めるのが唯一の道、サラリーマン以外は社会不適合者!みたいな時代でしたから。

 

で、一回ドロップ・アウトすると会社は絶対に採用してくれません!
10年間病気でした、なんて言おうものなら面接すら受けられず、門前払いだったんですね。

 

ですので、そういう時代から考えると、今は再チャンスのきっかけがたくさんあります。
アフィリエイターはもちろんのこと(年齢とか職歴関係なし!やる気次第)、障害者雇用、そもそもの人手不足など、ドロップ・アウトした人間でもやり直せる、チャンスがたくさん出てきました。

 

そういう意味では、ネットってアイディア次第ですもんね。
おっと!大きく話がそれました。

 

すみません。
今日は、個人事業主の消費税について書いていきます。

弱小個人事業主とは?

そもそも、弱小個人事業主とは誰のことでしょう?
それは、金額的に国が定めています(語弊あり)。

 

年の売上が1000万円以下の個人事業主のことです。
ポイントは、純利益じゃなくて「売上」が1000万円ってところです。

 

正直、売上なんてどうにでもなります。
広告でも1億円かけて1000万円売り上がったら、売上1000万円ですし、10億円かけて売上が1000万円でも売上1000万です。

 

この辺は、注意が必要です。
よく、情報商材でも「バーン!売上1000万円ゲット!あなたもできる!」なんて、キャッチコピーがありますが、馬鹿でもチョンでもお金かければ売上なんて上げられるんですね。

 

大切なのは、「純利益」です。

弱小個人事業主は消費税払わなくていいんです

で、そんな売上が1000万円以下の個人事業主なんですが、実は事業にかかる消費税は払わんくていいんです。

 

これは、国が定めています。
つまり、国が売上1000万円以下は、弱小個人事業主だと言っているようなものです。

 

消費税って、馬鹿になりませんからね。
もちろん、経費意外の個人的な買い物は消費税いりますよ。

 

と言うか、レジで取られますよね。
あくまで、消費税がいらないのは、事業に関わったお金だけです。

 

あと、開業から2年間も消費税いりません。
2年経っても、売上が1000万円なければ消費税いりません。

払うとしたらいくらぐらい?

で、もし払うとしたら個人事業主の消費税はいくら?って話ですが、もちろん普通の消費税と同じ8%です。

 

しかし、2019年10月から10%になることが決まりました。
つまり、1000万円売り上げたら、1000万円✕0.1で100万円です。

 

純利益は、それこそやり方次第ですが、利益から100万円も引かれたんじゃたまったもんじゃありませんよね!
消費税10%は高すぎです。

 

もちろん、これとは別に所得税やら地方税やらかかります。
こんなんじゃ、日本で起業する人いなくなりますよね。

 

税金、安くならないものだろうか・・・。

それでも、日本脱出します?

というわけで、税金の安い国を調べてみました。
税金の安い国は、アメリカです!

 

調べているうちにわかったのですが、日本はまだまだ安い方です。
中国なんかは、とんでもなく高いです。

 

ということは、日本人は日本で起業するのが一番良いのか?ってことになりますが、結論から言うと、日本人は日本で起業するのが一番です。

 

日本は、海に守られていますし、日本語は難しくて外国人が参入しにくいです。
ですので、日本人の市場は日本人に有利だと言えます。

 

これが、アメリカですと確かに税金は安いのですが、全世界がライバルになります。
逆に言うと、全世界が市場とも言えますが、それにしてもライバルが強すぎます。

まとめ

結局、日本人は日本で起業するのが一番かもしれません。

 

しかも、売上が1000万円いかなら消費税かかりませんし、個人事業主なら毎年290万の控除が受けられます。

 

簡単に言うと、年間の売上が290万円以下なら税金いらないのと同じです。
う~ん、やっぱり日本っていい国!

 

日本人にとって(個人事業主にとって)、世界最高なんじゃないの?
よっしゃ!僕もますます起業する気になってきました。

 

まずは、年間36万円の利益だな!"

スポンサーリンク

メルマガ

分かりません

メルマガ始めました。

興味のある方は、こちら。
>>めんぼうのメルマガ

-個人事業主

Copyright© バズなニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.